About Ai

  • 生年月日  1983年10月26日_x6a7505-002
    身長、体重 155cm、44kg
    血液型   A型
    出身地   京都府
    所属    ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター
    コーチ   山根英紀

Date of Birth: 26th October 1983.
Height&Weight: 155cm / 5ft 1inch, 44kg / 97pounds
Place of Birth: Kyoto, Japan
Nationality: Japanese
Resides: Chiba, Japan
Coach: Hideki Yamane
Language: Japanese
Occupation: Professional Triathlete
Interests: Painting

 

4歳から水泳を習い始める。加茂川中学時代は水泳部に所属。部活の合間を縫って出場した地方の陸上大会の記録が認められ、冬場は陸上部の駅伝メンバーとして活動する。競泳では勝てない悔しさを味わい続けたが、3年生の時に念願の全国中学駅伝大会に勝ち進み、3位となる。このレースで区間賞をとり、初めて「勝つ喜び」を知る。京都市立洛北高校時代は陸上部に所属し、3000mに専念。目立った成績が残せずにいた高校2年生の冬、今までの競泳と陸上の経験を生かせるトライアスロンに興味を抱く。高校3年生の夏、兵庫県で開催された「グリーンピア三木大会」に初参戦し、優勝する。トラック競技では身近に感じられなかった沿道の温かい声援、変化に富んだロードを駆け抜けるスピード感、3種目を合わせたことで勝利を見出せたトライアスロンの道に進むことを決心する。高校卒業後、稲毛インターの門を叩き、2002年山根コーチとの二人三脚が始まる。

2002年 ジュニアアジア選手権、優勝。
2003年 U-23カテゴリーに進み、2004年のITU世界選手権6位入賞。
2005年 エリート選手となり、ITU世界選手権18位、ジャパンランキング1位となる。
2006年 アジア選手権優勝、ITU世界選手権12位、ドーハアジア大会銀メダルを獲得。
2007年 ITU世界選手権18位(日本人トップ)、日本選手権で悲願の初優勝を遂げる。
2008年 アジア選手権で優勝し、北京オリンピックへの切符を手にする。
北京オリンピック17位。オリンピックの舞台で改めて勝負の奥深さを知り、4年後のロンドンへの思いが強まる。
2009年 ITUウアトゥルコW杯(メキシコ)で念願の初優勝。
2010年 シーズン初旬の自転車のトレーニング中、落車により外傷性くも膜下出血の大怪我を負う。
驚異的な回復をみせ、10月、ITUウアトゥルコW杯で2連覇を果たす。
2011年 ITU世界選手権ロンドン大会で日本代表選考基準を突破し、ロンドンオリンピックへの切符を手にする。
2012年 ロンドンオリンピック39位。金メダル獲得への思いが更に強まる。
2013年 ITU石垣島W杯優勝。World Gams Cali/デュアスロン世界選手権大会金メダル獲得。
2014年 ITU横浜WTS2位(日本人初)。インチョンアジア大会金メダル獲得(個人/ミックスリレー)。
2015年 ITUシカゴWTSGF8位入賞。ITUコスメルW杯優勝。ITU世界デュアスロン選手権大会銀メダル獲得。
2016年 ITUケープタウンWTS7位/横浜WTS3位/リーズWTS8位/ストックホルムWTS5位/ハンブルグWTS7位(5大会連続入賞)
リオデジャネイロオリンピック39位。ITUコスメルWTSGF5位入賞。ITU世界トライアスロンシリーズ・ランキング3位(日本人初)
2020年東京オリンピック金メダル獲得に向け、更なる飛躍を目指す。